賃貸物件契約までの流れなどについて

賃貸物件契約までの流れなどについて

MENU

理想の家賃負担は収入の何割なの?

1人暮らしを検討している方は、毎月の家賃を検討しておかなければいけません。
理想の家賃負担は、収入の3割までと言われています。
賃貸契約後は、毎月必ず家賃の支払いが必要になります。

 

無理のない範囲に家賃を抑える為には、最初に家賃の上限を設定してから賃貸物件探しをしていきましょう。

 

 

 

また、1人暮らしを始めたばかりの方は、家賃のランクを下げて入居するのも良いでしょう。
なぜなら、1人暮らしを始める場合は、最初に揃える生活用品が多いからです。

 

また、生活費や交際費などを圧迫する家賃負担は、ストレスがたまってしまいます。
その為、固定費である家賃はできるだけ安くし、旅行や外食費、買い物代などに無理がでないようにした方がストレスはたまりにくいです。
また、長期的に住む場合は不足している設備を後で自分で購入すれば安くつく場合もあります。

 

1人暮らし暦が長い方の場合は、生活用品もある程度揃っている場合が多いです。
また、新たな物件を探す際に余裕資金がある場合も多いです。

 

その為、賃貸物件を探す際には生活スタイルに合わせて部屋を変更していきましょう。
狭い古い物件に我慢しながら住んでいては、ストレスがたまってしまう場合もあります。
思い切って広い部屋に引っ越し、生活をより豊かにする事も良い方法です。

 

生活環境を変えるには、住む場所を変えるのが1番簡単な方法でしょう。
また物件選択の際には、収入に応じて現状の家賃よりも負担金額を多くするのも良いです。
しかし、あくまで目安は収入の3割程度となりますので、注意して賃貸物件を選択していきましょう。

賃貸物件に住む為に必要なお金はいくらなの?

賃貸物件を契約する際は、家賃だけでなく最初に負担するお金を知っておく必要があります。
最初かかる費用には、敷金、礼金、仲介手数料などがあります。

 

また、部屋の消毒料や鍵交換料も必要です。
さらに、管理費2年分、家賃・駐車料2カ月分、保険代、保証会社への料金などが存在します。
また、町会費を請求される場合もあります。これらは、利用する不動産屋によっても違いがあります。

 

敷金、礼金、仲介手数料の目安は、合計して家賃の2カ月分から3カ月分になる事が多いです。
保証会社への料金や消毒料、鍵交換料、火災保険料などの合計も、家賃の2カ月分から3カ月分になる事が多いです。

 

共益費と家賃は、2カ月分支払う場合がほとんどです。
最初に準備するこれらの費用の総額目安は、最低でも家賃の半年分程度になると言われています。
また、これら以外にも引越し費用や家具・家電の購入費用も必要でしょう。

 

近距離での引越し費用は、単身者の場合は5万程度、夫婦や家族の場合は10万円程度が相場となっています。
また、家具・家電の購入費は1人暮らしを始める場合に10万円から20万円程度、二人暮らしをはじめる場合は30万円から50万円程度になると言われています。

 

家賃の金額にもよりますが最初に初期費用として準備する必要がある金額は、1人暮らしの場合は50万円程度、二人暮らしの場合は100万円程度が必要になると言われています。

 

賃貸物件に住み始めてから毎月かかる費用は、家賃、管理費、駐車料、共益費などがあります。
一人暮らしを検討されている方は、ためる目標金額を住みたい地域の賃貸物件の家賃相場から計算しておきましょう。

 

八王子で賃貸を探すならここがおすすめです。

更新履歴